2002年

11/4
浜松町スクールの生徒さんもだいなれてきたようです
毎回お会いするたびに皆さんの新しい報告が聞かれます
例えば、D級のマッサージコースを受講なさている生徒さんのお話ですが
お母様が更年期ということで、更年期用オイルをつくり、習ったように早速マッサージをしてあげたそうです
そうしましたら、いつも心がイライラ、きりきりしていたのが心が穏やかになったようで、夜も眠れたそうです
実は心がイライラ、きりきりしていたのは、もうひとつわけが有って、お父様、つまりご主人の帰りがいつも遅い為
という原因があったそうです。そして、お父様の遅くなる原因は、夜眠れないので、お酒を飲んで帰る為と
遅く帰る為、奥様と帰ってから毎晩大喧嘩をするため、又遅くなるという悪循環の繰り返しでした。
お母さんが、心が少し穏やかになったのを見てお父さんも喜んで、娘さんにマッサージをやってもらいました。
その夜は勿論早く寝られて、それからはお父さんの帰りは早くなり、お母さんも機嫌がよくなり、家庭安泰?
になりました。お父さんは「マッサージをしてもいいぞ」という言い方をして、催促するそうです。この間もお父様が
癒しのCDも買って来た、と話していました。それまでは、毎晩お家の中がピーンと張り詰めていて、空気がきりきりして
いたそうです。とても素敵な相乗効果があったととても喜んでいました。


10/3
浜松町スクールの準備も着々と進んでいます
クラスによっては、定員でいっぱいになりました。又、1月から募集します。
沖縄で気功のお勉強をして、「気」を入れる事により、スタッフの鞭打ち症など、色々の
改善が見られ、びっくりしています。クライアントさんにマサージをしている時、
癒されて欲しいと願いながらトリートメントを行なっています。

9/24
「気」という物の存在を気づきながら、それを理解できないでいました。
理解しないままトリートメントをしている時「気」がクライアントさんに伝わっている実感がありました。
「気」とはなにか?を知りたいと思いが突然湧き上がり、沖縄に行ってきました。
すばらしい先生と出会い、心身共浄化された気がしました。
先生に浄化できるようにしていただき、これからのトリートメントに役に立てたいと思いました。

9/16
通常のスクールに浜松町スクールの準備が入り大忙しでしたが
そんな時、東京都の夢の島熱帯植物園で香料植物展のイベントをやるので
ワークショップをしませんか?とお話がありました。http://www.necsoft.co.jp/kiba/nettai/
急なことなので、たいした準備も出来ないまま、15日ミニスクールを行ってきました。
事前の告知をぜんぜんしなかったので、参加してくれるか心配でしたが、定員10名が2回ともいっぱいに
なり、皆さん熱心に聞いてくださり、楽しそうに好きな香りのスプレーを作っていらっしゃいました。
これからは私はいかれませんが、他のテラピストの先生方が交代でミニスクールを行いますので、ぜひいらっしゃいませんか?
9/29・10/6・10/20に行います。

9/7

9/5放送 スパスパスパスパ人間学「毛穴を引き締めろ」でローズヒップが大人気になりました

テレビの力はスゴイ!! テレビの内容が見られます。http://www.tbs.co.jp/spaspa

ハーブのページも作りました
8/31
こんな質問がきました
 拝啓
いつもメルマガを楽しく拝見させていただいております。
お願いがあります。
我が家の子供たちは、保育園に行くようになってから、病気がちになりました。
集団生活なので仕方がないのかもしれませんが、4月から薬が切れません。
体の免疫力を向上させるハーブはどんなものがありますか。
下の娘は1歳5ヶ月なのですが、中耳炎が治りません。
飲み薬が大嫌いで、飲ませるのにいつもう労しています。
アロマでよい効果がありと聞きました。
ちなみにいまはラベンダーを寝る前にアロマランプで暖めています。
すると、本当に心地よい顔で寝付きます。
抱っこする必要がないくらいです。
こんな子供たちなので、きっと効果があると思うのですが・・・
お返事をお待ちしております。
 こんにちわ!
新しい環境に慣れるまでお子さんなりにストレスがあるのですね
まだ1歳5ヶ月なので、精油は使えませんね(香りなら大丈夫です)
香りで免疫を高める精油は、ラベンダー、ベルガモット、グレープフルーツ、ユーカリ
等があります。ハーブティーはとてもいいですね。
飲み薬が大嫌いで、飲ませるのにいつも苦労しています
という事なので、ハーブティーも飲ませにくいかも知れませんね。
先日生徒さんから聞いた話ですが、健康に良いのでハーブティーを
家族で飲んでいるのですが、やはり体に良くてもおいしくないものも有りますので
そんな時は、フルーツの飴(オレンジやレモンなど)をハーブティーの中に入れると
ジュースの用になりおいしく飲めるということです。
又、夏は熱いので冷たくしたハーブティーを飲んでいますが、それだと飴がなかなか
溶けないので、フルーツのアイス(イチゴ味やオレンジ味など)を入れると
子供はとても喜んで飲みます。ということでした。そんなの見方があったのかと
教えられました。
 
8/29
スプレーポンプ事情
スプレーボトルを使いエアーフレッシュイナーを作りますが材料は精油と無水エタノールと
精生水などの水を使います。たまに、使っているうちに出なくなることがあるので
メーカーに聞いてみました。現在日本ではスプレーメーカーは3社ぐらいあり
ほとんど同じようなものをつくり日本中に販売しているそうです。
メーカーに色々実験してもらいましたが、水と無水エタノールそれぞれは問題ないのですが
精油を入れることにより、粘性を持ち、ポンプの部分が滑らなくなり、詰まってしまうということでした。
精油の粒子が大きいということもあるそうです。大手メーカーが香りのスプレーを作って販売している時は
人工の香りであったり100%ピュアな精油でも、水とアルコールと香り成分で特別なかくはんをして
粒子を細かくしているそうです。通常の精油を使う場合は詰まりますといわれてしまいました。
その場合、水や無水エタノールを通すと又、出てくるということです。
実際にスクールを行ってますが、必ず詰まるというわけではないのですが
精油を入れる限りその問題は起こるということで、精油を入れては作れないということになります。
現在スクールでの対処は、出なくなったら良く水を通して、水がスプレーできたら又、入れてくださいとお話しています。
なんだか納得できませんけど、それしかないのなら作らないか、我慢して使うかのどちらかになります??

8/29
お返事を頂きました。
行ってきました。少し弱かったようですが、香り自体には満足のようでした。そのまま置いてくるのは、説明したものの、不安があったので、大きめのコップに花瓶のようにおいて、その隙間に造花をいれてきてみました。あとは、職員さんにも、声をかけ帰ってきました。動ける人には、心配がありますが、寝たきりの方になら、使えるアイテムになるかも・・・?しれませんね。     

8/29
昨日の生徒さんのお話です。
D級スクールが出来、受講することになったのですが、その動機が祖母をマッサージしてあげたい
とのことでした。現在個人的に近い老人ホームの施設に入り(グループホームというそうです)
4畳半くらいの個室にはいっているそうです。少し痴呆があるようですが、まだまだお元気だそうです。
1週間に1度位い施設に行くそうですが、アロマの勉強をして、行く度に手と足のマッサージをしてくると言っていました。
勿論ローズマリーやレモングラスをいれてです、C級の芳香浴のお勉強で、ディージュホボトルを作りますが
(ディフィージュボトルとは、キャンドルや電気を使わないで、香りが拡散させれボトルの事を言いいます)
自分でもローズマリーとレモングラスを入れたディフィージュボトルを作って持って行きたいと言っていました。
香りをウオーマーで香らせたいけど、自分が帰ってからは、火を(電気でも)つけっぱなしにしておくのは心配で
ディフィージュボトルならおくだけで香りが出るので、安心ですとの事。
私は自宅だったので電気式のウオーマーで24時間つけっぱなしにしておきましたが、
確かに、施設や病院ではそういうわけにはいきませんよね。今日作って持っていくといっていましたので
又お話を聞いて、書き込みしますね

8/26
敬老の日が近づいて来ました。
7/5に父を亡くし、悲しい思いとローズマリーがオーバーラップします。
父(当時82才)が皮膚がんで入院したのは5年程前です。手術も成功し、無事退院できましたが
入院中に痴呆症状が出てきていました。父の弟や妹がお見舞いにきても何の反応も無く
父の弟は「こんな兄貴の姿は見たくない」といって悲しい顔をして帰っていきました。
家に戻ってから父の看護が始まり、まず弱くなった足を鍛えるために部屋の中からすこしずつ歩かせました。
部屋には、24時間電気式のウオ−マ−で、ローズマリーとレモングラスの香りをたいていました。
時折ペパーミントを入れたりバジルを入れたり、ブレンドを変えていましたが。又、フレッシュハーブの
ローズマリーを数本束にして、リボンを結びさかさまにして壁にピンでたくさんとめて飾りました。
殺風景な父の部屋が、なんだかかわいい部屋にイメージチェンジしたようです。
退院した時の足の肌は乾燥をしてカサカサになっていて、まるで粉を吹いているようでした
(ふけのように白い粉がパラパラ落ちました)カモミールとローズマリーのブレンドで、マッサージを
していましたがいつのまにかカサカサが無くなりしっとりというより、ツルツルになってきました。
自分からは気持ちがいいとは言ってはくれませんが「気持ちがいい?」と聞くと
「ウン」と答えていました。でも喜んでいる様子がとてもよくわかりました。
入院中はオムツでしたが、そのうちトイレも自分で行けるなり
(時折失敗して、トイレがビシャビシャになりますが)オムツは夜だけになりました。
本が好きな父は、そのころには、大好きな歴史物の本(宮元武蔵等)を読めるように迄
頭がしっかりしてきて、私は、これは絶対に精油の力だと一人納得をしてしまいました。
まだまだたくさん書きたいのですが続きはこの次にします。

8/21
こんなご質問がきました
北海道に住んでいるのですが、通信教育で12レッスンを受け、C級の資格を取得しないと
開業する事は出来ないのでしょうか?
認定校へ通わないといけないのでしょうか。
 出来れば、フットマッサージ+アロマで仕事が出来ればと思っているのですが。
ご返事をいただければ幸いです。宜しくお願いします。

お問い合わせ有難うございました。
資格を取得しないと開業する事は出来ないのでしょうか?のご質問で
通信教育で、C級12レッスンを受講することは出来ますが、教えるための認定コースは通信では
有りませんので、どうしても資格を取得するためには認定校での受講が必要になってきます。
日本では民間の資格になりますので資格を取得しないといけないということではなく
資格を取得するには、きちんと教えるための知識を学ぶわけですから
そのための教育を受けないと、開業しても難しくなると思います。
又、マッサージの通信は出来ませんので、どうしてもスクールでの受講が必要になります。
浜松町で、スクール講師養成コースとハンド・フット資格養成コースを10月5日から開講します
北海道からでは大変ですが両コース共10月から12月までの毎月第一土曜日と第三日曜日に
行います。日程さえ合えば、1泊すると両コース共受講でき、年内に資格を取得できます。
(ホテルはご紹介いたします)
金額的にも、例えば通信のC級12レッスンは108.000円ですがスクールで受講すれば
C級12レッスンは48.000円ですみます。もし、本気でフットマッサージ+アロマで開業したいのなら
浜松町スクールをお勧めします。もし宜しければ説明等お話をさせていただきますので
直接お電話いただけますか? 048-590-1051 お返事お待ちしております。 IACA事務局
 
8/19
夏期休暇も終わり今日から仕事です(ほとんど仕事でしたが)
今日メールでこんな質問がありました。資格の違いについては多くの方が知りたいことではないかと思い
乗せてみました。参考ししてくださるとうれしいです。

> はじめまして> 。。。といいます。資格の違いについて教えていただきたいのですが
> IACAの有するC級コーディネータ等の資格とアロマテラピー検定等
> 日本アロマテラピー協会の有する資格と何処に違いが有るのでしょうか?
またどちらの資格のほうが将来役に立つのでしょうか?
> 検討してどちらかの検定等を受講してみたいと思っています。
> お手数ですが 解答のほうよろしくお願いします。

ご質問有難うございました
資格の違いについてのご質問ですが
現在日本においてのアロマテラピーの資格は国家試験ではありません
民間の発行する資格になります。日本アロマテラピー協会では
協会自体が教育しているのではなく
色々なスクールが日本アロマテラピー協会に申請して、認定校になりそれぞれの
教育方針で教えています(勿論大筋の教育内容は協会で指定していますが)
そして、試験は協会主催で、いっせいに行い、協会で各資格を発行します。
又、スクールに通わなくてもあるていどの独学で受験して、認定を得ることもできます
その後の活動状況は各自のスクールの方針によると思います。
 
IACAは協会が直接教育を行います(勿論認定校もあります)
IACAは独立のバックアップに力を入れています。ひとつのショップを経営するにあたり(個人でも)
3本の柱を立てています
@スクールによる経営 Aトリートメントサロンによる経営 B商品販売による経営
@の場合例えばC級コーディネータ等の資格を取得することにより
  C級のテキスト、教材も用意しすぐスクールが開けるように教育しています

Aの場合は、ハンド、フットだけの営業でしたらD級の資格を、全身トリートメントでしたらA級までの資格が必要です。

Bはスクールで使用する教室・教材すべて40%引きで仕入れることが出来ます((有)アロマレメディーより)
  (精油等販売することにより40%の利益を得ることが出来ます)
このように、それぞれひとつだけ(例えば@だけ、Aだけ、Bだけ)よりも
お客さんが共有出来、お互いに相乗効果が期待できます。

またどちらの資格のほうが将来役に立つのでしょうか?
では、ご自分で判断してください
IACA北本校では、見学、説明を随時行っておりますので
ご予約の上、ぜひお越しください。ご自分の目で見て
納得してスクールをお選び下さい048-590-1051
http://www.aromaremedy.co.jp/12rettsun.htm
それではお待ちしております。
IACA本部

8/14
続きです
ほとんどの湿疹はなくなったのですが、お腹だけがいつまでもかゆみが残り
何回もカモミールのスプレーをかけていました。百花ちゃんはお風呂に入り、温度がぬるかったので
熱くしたそうです。お風呂はぬるめにといわれたのに!おまけにカレーパンもたべてしまって、刺激はいけないのに
そして、お風呂から出た後、体中に湿疹が出てしまいました。それも所々ではなく、全部の湿疹がつながって、
赤く盛り上がってしまったそうです。かゆいかゆいと大騒ぎをしましたが、不思議な事にお腹だけは出ませんでした
何回もカモミールのスプレーをかけていた殻でしょうね。もちろんそのあとはカモミールで落ち着きましたが、
今はほとんどなくなりましたと話していました。

8/4
早速お返事がきました。

百花(娘です)は、まだところどころ腫れたようになっていますが、ずいぶん落ち着きました。ありがとうございました。
> はじめに、カモミールティーを付けた時点ですーっと赤みがひいたので親子でびっくりしました。病院にいけば、抗ヒスタミン剤を処方されるのでしょうね。そのほうが早いかもしれませんが、今日は日曜日だったこともあり、アロマテラピーをつぎつぎためせて、あらためて、すばらしさを知りました。
> やはり、スプレーは、本人も気にいってひとりでやってます。
> ストレスが原因かも、とのお話でしたが、実は、百花は、本が好きで好きで、暇さえあれば、読んでいたら、片目だけですが視力が0.1になってしまい、このところ、一日たったの30分しか読めなくて、少し欲求不満になっていたので、それがストレスだったかもしれません。千葉では、静かにするように言われていたし..
> また、経過をご報告します!

8/4
生徒さんからこんな質問がありました。
上の娘ですが、全身にじんましん が出ています。はじめてです。
> カモミールのドライで、お茶を作って塗っています。でも、次々とでてくるので、お風呂にエッセンシャルオイルを入れて入ろうかとおもいます。こんなかんじで、いいでしょうか?他になにか、いい方法は、ありますか?
> よろしくお願いします。
それは大変ですね。
じんましんは1種のアレルギー反応です。
原因は、食べ物であったり、ホコリのような体外の刺激物であったりします。
何らかの刺激を受けた時、体の中にヒスタミンという物質が放出されます。
(これは、B級の免疫の時にお勉強します)すると、これが皮膚の下の毛細血管からその周辺の組織へ流れて
その部分が赤くぶつぶつができ、灼けるような痛痒さを感じさせます。
これは消えたかと思うと、別の部分に現れる事がよくあり、重症の場合は大きな赤い腫れ物のように
なることもあります。衣服でこすられた部分にできたりします。
アレルギー反応全般にいえることですが、普通なんでもない時には無害な刺激物でも
ストレスが起きている時は、うまく処理ができなくなるのです。
方法は、カモミールのドライで、お茶を作って塗っていますとの事ですので
レモンバ−ムを煮出して、抽出液を作り、カモミールと混ぜて使用してください。
お風呂には、ぬるめのお湯にカモミールを4滴いれて入ってください。
スプレーボトルにカモミールを入れて(無水エタノールは必ず使用してください)
痒がっているところにかけてあげてください(気持ちが良いので自分でやりたがりますよ)
ハーブティーで、レモンバームとカモミールを飲ませてください。
これらの方法は、発疹が消えて、刺激がなくなるまで、数時間おきに切り返し行ってください。
 
早くよくなるといいですね。上田
 
 
7/28
1ヶ月の間にいろいろありました。
まず2台あるパソコンが同時に壊れました。もうひとつ同時に父が亡くなりました。
父の事はあとで書こうと思いますが、アロマテラピーをはじめたのは、父がいたからだとたくさんの事にきずきました。
とりあえず、パソコンも直りましたので(2台ともハードデスクが壊れて取り替えました。すべて1からやり直しでした)
また、書き込みをしたいと思います。今日はお知らせだけです。

 
6/26
大騒ぎをしたテレビ出演も終わりましたね。
2Hも撮影をして、数分の出演でした。
お化粧をしておけばよかったと今ごろ反省しています・・・・・・・^_^; ・・ 女心でした・・・
所で、本番になって急に無水エタノールの変わりに焼酎を使いますといわれ、実は焼酎を使ったことがないので「エッ」と思いましたが、アルコールだから大丈夫でしょうと思い、いわれたままに焼酎を使いました。そのテレビを見た生徒さんが早速焼酎で作ったそうです。そうしたら何日たっても焼酎のにおいが消えずに、とても変な香りになったそです「ア〜ア・・・・知らないット」という気持ちです。
多くの方が試したんではないでしょうか?本当にごめんなさい。皆さんはぜひ無水エタノールで作ってください。

お詫びにグレープフルーツでとてもよい報告をします。
「グレープフルーツで体脂肪が減りました」というお話です。
卒業生がスクールをしている時の話ですが
生徒さんの一人が、グレープフルーツの香りを仕事から帰ってから数時間毎日ウオーマーで
香らせていたそうです。それは好きな香りという事もありますが、やはりダイエットを意識したそうです
1ヶ月くらいしてから体脂肪を計ると本当に減ってきたそうです。
そしてうれしくて、数日前にスクールで先生に報告したそうです。
資生堂が香りでやせるというダイエットの精油はグレープフルーツとジュニパーとブラックペッパー
だそうですね。この次はこのブレンドでやって見ますという事でした。教室中の生徒さんが
この話に大いに盛り上がったのはもちろんです。


6/12
グレープフルーツのページが出来ました。

 6/6
続き
グレープフルーツ(以後GF)の話ですね。
GFの皮から家庭でオイルが取れないか?と無理難題(すみません)を言われてとりあえず挑戦しました。我が家の冷蔵庫はGFの皮だらけなので、材料にはことかきません。 〜他の物が入らないよ〜
圧搾法ということなので、テコ式のジュースを絞る器に皮を入れて、てこ式の取っ手をギューっと力いっぱいおしました。1回目、ひとしずくも出ません。2回・3回目、ぜんぜんでない!!
それなら手で絞ろうと皮を二つ折りにしてギューとつぶしたんですが
手にべたべた付くだけで、しずくにはなりませんでしたね。手につく分ラップにつけて集めればいいかな?と思いラップに包み絞りましたがラップがベタベタになるだけ。
ウワー絞れないよう〜と途方に暮れて考え込んでしまい、しばらくそうしている内に、ひらめきました
皮をジューサーでどろどろにし、ソレをこせばオイル入りのジュースができるはず(多分飲めない)
さっそく皮を細かく切ってジューサーの中に入れ、同量の水を加えギャーとまわしました。
どろどろになったら、止めて麦茶を作る時に使う紙パックでこしました。
(この工程はテレビでやりますよ)オレンジ色が少し白く濁りますが、香りはグレープフルーツです。
早速、スプレーボトルに入れて、シュッシュッとまいてみました。出来たーこれで良し!と
残ったジュースをおふろに入れました。少し白く濁りますが、GFの香りはバッチリ。
多分、皮をそのまま入れるより、香りは引き立つのではと思います。
翌日又シュッシュッとまきましたが、うーん〜なんだか香りがうすくなった気がして
「気のせい?」と思い、何回もやっているうちに、わからなくなり「気のせい」にしてしまいました
翌日、もっと香りがうすくなった気がして「ヤダーこれは気のせいだけではないー」と認めざるえない
状態に、又、途方に暮れ、3日目になって、こりずにシュッシュッとすると、うすくなったグレープフルーツ
の香りとともに、変な香り(悪臭に近い)も出て来ました。これには大慌てで、ほかの方法を見つけなければと、又又考えこみました。
そういえば、14世紀のハンガリーウオーター(ハンガリー王妃の水)はアルコールに植物を漬けてオイルを抽出したんだと思い出し、GFの皮を入れればオイルは出るはず、と早速実験を始めました
GFの皮を細かくしてその上から無水エタノールをひたひたになるぐらいに注ぎ、一晩置きました。
(この工程もテレビに出るはず)翌日、無色だったエタノールが澄んだきれいなオレンジ色に代わり、
香りも、まさにGFの香り。早速、スプレー容器に入れシュッシュッとまいた所、素晴らしい!!完成だ!!と大満足。
それから毎日香りを確認しましたが、薄くもならず、くさくもならず、やっと自分にOKを出しました。
そして、テレビ局の方に連絡をし、撮影日程が決まりました。
(撮影では、無水エタノールの変わりに焼酎を使いました)
次は、グレープフルーツの効果のお話をしますね。 続く

6/1
なんとまー6月になってしまいました。
ケーブルテレビのお話をするといいながら、殺人的なスケジュールに追われて
毎日生徒さんとお会いして、何時も素適なお話を聞き、これをプライベートルームに
書こうと思いながら。。。。。。。。。。。です。(-_-メ)・・・・反省
そうそう、長い髪の毛をショートにしました。だからこの写真とはちょっとイメージが変わります
(これもかなり前のものだけど・・・・(^^ゞ・・・・冷や汗)
何でこんな事を書くのかといいますと、実は今度は日テレに出るんですよ〜
これはメジャーなのでごらんになる方も多いいのではと思いますので
その時に写真と違う!!という事になると、詐欺罪(?)に・・ならないか
という事で一応おことわりをしておきます(ヤレヤレ)
6/16(日)AM9:3.0〜 10チャンネルの「元気が出るテレビ」です。
先日収録が(なんだかプロみたい)終わりましたが、こちらはとりあえず素人なのに
こんな風にしゃべってくださいというだけ。それでしゃべりだすと、もっと短くしましょう
と、取り直し。でもスタッフの方達もとても素敵で、やさしかったです。
アシスタントディレクター(女性)の方は、ローズの香りで、フラッとして
変な気持ち(催淫作用のせい?)になる〜といっていましたよ。
他のスタッフにからかわれていましたけど、とてもよい雰囲気でしたね。
当の私は、絶対緊張しないと思ったのに、何回も取り直すとだんだん不自然になり
かなりぎこちなくなったと思います(見たくない〜)
しかし私は16日は朝早く出なくてはならなくて、テレビは見れないのです。
ほっとしたような気になるような。やっぱり見たくないですね〜皆さん見ないで!!
ところで話の内容は、グレープフルーツのお話です。家庭でグレープフルーツから
オイルが抽出できないかということでした。このお話をいただいてから、毎日2個づつ食べている
グレープフルーツの皮で研究をしました。続き

4/1
4月になりました。桜ももう終わりですね。
3日にケーブルテレビでアロマテラピーの通信教育のお話をします。
2日に打ち合わせとリハーサルをしてきます
ワクワクと少しドキドキ!!でもトテモ楽しみです。
終わりましたら、報告しますね。

3/8
数日前から体調が悪くて、寒気がして、目の周りも熱いものを感じ、熱が出る兆候?
ティートリーをキャリヤーオイルで薄めて、胸と喉にあわてて塗りました。
朝塗ると、その日T日は忘れていますが夕方になると又、寒気がきて、夜寝る前に
ティートリーをぬる、という事を繰り返していましたが、一昨日の夕食後、なんとなく
変な感じがしました。この変な感じは何?どこかで知っている感じがするけど何だっけ?
やだ!もしかして・・膀胱炎?・・そう思ってから数分後、急激にきました。
「トイレニイキタイ」と言う感覚が。トイレに行っても、少ししか尿は出ませんでしたが、
「イタイ!!」排尿後激痛が走りました。早すぎます。大急ぎで、ベルガモットと
ティートリの精油を持ってお風呂場に駆け込みました。風呂桶にお湯を張り
各1滴づつ入れて、洗浄し、湯船にも各3滴づつたらして入りました。
お風呂から上がる頃には、嫌な感じも感じられなくなり、排尿後も痛みはなくなりました。
「ヤレヤレ」。お風呂上りにもう1度洗浄して、胸にもティートリーを塗りやすみました。
翌朝はそんな事はすっかり忘れ、スクールに、トリートメントに、又打ち合わせにと
忙しく過ごしましたが、PM11時頃なって又、膀胱炎感覚がきました。
ソレ!お風呂場に直行し、大急ぎで洗浄しましたが、今度は良くなりません。
体の免疫さん、とっても忙しくて(風邪の菌と戦っているのでしょう)膀胱炎の菌まで
手が回らないようで、排尿後の激痛は治まらなくなってしまいました。
布団に入っても寝るどこではなく、トイレに行ったり、お風呂場に行ったり
今度は精油を変えて、サンダルウッドにしました。
やはり私はこの精油があっているようで、不快感もなくなり、寝ることが出来ました。
(実はこの香りはあまり好きではないのですが、私には膀胱炎の特効薬?)
今日は、すっかり良くなり昨日の苦しみがうそみたいです。
免疫さんは、風邪の菌も退治してくれたようです。お疲れ様でした。そして、有難う。
とんだ膀胱炎騒動でした。

2/13
アレルギーの子供のアロマライフのページを作りました


1/27
遅らばせながら、今年も宜しく御願い致します
いやはや、忙しさにかまけて、更新をぜんぜん行わず、なんだか人の気配が感じられない気がして、
ひっそりした感じです。反省しています。
毎日、講演会、講習会、スクールにと飛び回っていると、本当にいいお話を沢山うかがうんですよね。
そんな話を載せたくて、このページを開いたのに・・・  ←あやまっています
早速、昨日の生徒さんのお話
看護婦の婦長をしている叔母さんのお話で、仲間の看護婦さんが乳がんにかかり、アッチコッチに転移し
手の施し様がない状態でした。患者さんは家で治療したいという事で、何人かの看護婦仲間で、チームを作り
順番に、治療に行っていました。だんだんモルヒネも効かなくなり、モルヒネをうつ間隔が短くなってきていました。
そんな時叔母さんは、姪がアロマテラピーを勉強している事を思い出し、
アロマテラピーでできることは無いだろうかと質問してきました。
勿論彼女はまだ勉強中の身ですが、痛みを取るという事なら、ラベンダーで背中などをマッサージしたら
どうでしょう?と提案したそうです。早速、アロマテラピーを何も知らない叔母さんは、ラベンダーの精油とマッサージオイルを
購入し、背中にマッサージをしてあげました。
患者さんはマッサージをしている間は、気持ちがいいと、とても喜んでいました。
何回かそんな事をしている内に、驚いた事に、モルヒネを打つ間隔が長くなった事に気が付きました。
そして、調子のよいときには、車椅子を使い、買い物にも出かける事ができる用になりました。
しかし、最終的には、昨年12月にお亡くなりになりましたが、叔母さんに取って、医学では信じられない現実を
目の前で体験し、アロマテラピーに関心をもたれた事は言うまでも有りません。
看護婦さんの定年を迎えるおばさんは、今アロマテラピーの勉強を始めました。
そして、定年になったらその病院でボランティアを行ないたいそうです。
とても素敵なお話を伺いました。


   2001年  2003年
       総合案内北本スクール 浜松町スクール    
                         
初めてのアロマテラピーコース
                                
資格取得プロ養成コース

                     


     卒業生のショップです <アロマハート>   <ハーブ館>