気功・気(エネルギー)・気功伝授・気功ヒーラー養成・気功痛み改善・美容気功


        
ペットボトル気功


伝授を受けた方は、誰でもできて、とても簡単なのに効果が絶大です。

 

シンプルなワークです。

 

まず飲み終えた空のペットボトルを用意します。

蓋は取り去りましょう。

ちなみにオススメは「いろはす」のペットボトルです。

 

そのペットボトルを用意したら、たとえば頚椎の調整をしてみます。

まずBefore afterをチェックするために、使用前の首の可動域を調べます。

誰かに撮影してもらったり(自撮りでも)、首を動かしたときの感触をしっかり覚えておいてください。

どこまで見えるかも、覚えておいてください。

 

 

首って意外と凝(こ)っているものです。

首の動きが不自由な人は多いです。

というか、自由な状態をほとんど思い出せないので、今の不自由さで満足してしまっていることが多いのです。

 

というわけで、Beforeをチェックできたら、早速ペットボトル気功に行きましょう!

 

首をイメージで取り出します。

ただし、多くの人は首を顎の下にあると思っています。それは首の一部です。

 

ここでの首というのは、頚椎(けいつい)と定義します。

 

そうすると、大体において頚椎(けいつい)というのは鼻や耳の高さにあります。

首って意外と長いのです。

 

頚椎の一番上を第一頚椎と言います。

第一頚椎はほぼ耳のあたりです(そりゃそうですね。頭蓋骨を考えれば)。

正面から見ると鼻の頂点あたりだと思ってください
(少し高めに感じる方が、気功をやる上ではうまくいきます)。

 

頚椎(けいつい)という首の骨は7つあります。




じゃあ、下はどこかと言えば、頭を下にうつむけて、首筋を触ってもらうと

頚椎7番と胸椎1番がボコッと出ています。そこが7番です。

そこが首の下限となります。

 

もしくは前から考えるならば、鎖骨を探しましょう。

鎖骨はほぼ第一胸椎です。その鎖骨の高さの上あたりで首は終わっています。

 

ですので、鎖骨から鼻までと思ってください!

 

長いですねーーー

 

 

それだけ長い首をイメージで取り出します。

 

たとえば、そこに円柱がはめこまれていると思って、ガチャッと取り出します。

首を一番上から一番下まで取り出します。

少し多めに取り出してOKです。というか、少し多めに取り出した方がうまくいきます。

 

そしたら、その首のイメージを(首の霊のようなものですね〜)

ペットボトルに押し込みます。

 

ペットボトルに押し込むときは封入の要領でやりましょう。

 

そしたら、ペットボトルをおもむろに持ち上げて、

雑巾を絞るようにバリバリと絞ります。

グシャッとつぶれます。

 

そのときに頚椎が折れてしまうようにイメージしてもOKです

(気功で首は折れません)

 

これがペットボトル気功です。

 

ちなみに、ペットボトル気功をやっている最中(封入されたペットボトルをグシャッと絞っている最中)に、

被験者の首がパキッと小さく鳴ることもあります(ちなみに遠隔でも、鳴ることがあります)。

別に鳴ること自体が重要なわけではありませんが、触れてもいないのに音がするのは面白い現象です

 

一回、グシャッとしたら、すぐにフィードバックを取りましょう。

 

まあ、初回はたっぷりとペットボトルをいじめ抜いてOKです。壊しまくりましょう。

 

その上で、首をまた同じように動かしてみます。


撮影したり、誰かに見てもらったり、動きを感じたり、

どこまで視界が広がったかをチェックしましょう。

 

そうすると大きく変わっていることに気付くと思います。

 

これは、簡単に気功の感覚を味わえ、そして即効性があり、楽しいです。

(プロの視点からすれば、頚椎の調整はきわめて難しいので、

こんな風に非接触系の気功技術で調整ができるのは最高です)。



ペットボトル気功は是非、試してみてください。

 

気功の面白さを楽しめると思います。

 

別にこれは頚椎の調整に限りません。関節という関節に全て試せます。

手首を試したり、股関節を試したり、脊椎を1つ1つやるのもマニアックで良いかもしれません。

 

ポイントは効果の出し方ではありません。

フィードバックの取り方です。

 

きちんと変化を観測できれば、その「観測」がラチェットとなります。

 

ドアストッパーのように、開いたドアが再び閉まるのを防ぐのです。

でも、多くの人は気功で変化しても、またホメオスタシスによって元に戻るのです。

開いたドアが再び閉まるままにしているのです。

その上、ドアが開いたかどうかのフィードバックを取るのもおろそかにするので、、、、

気功なんてインチキだと言うのですw

もったいないことですが、それはそれで縁が無かったということです。

 

気功はかなり単純なテクノロジーです。


ピアノの鍵盤を押せば音が出るのと同じです。

(ただし演奏するには修練が必要です)


ですが、フィードバックをおろそかにする人は、耳栓をしてピアノを演奏するのと同じで、音が出ないと怒り出すのです(このピアノはインチキだ、とw)。

 

というわけで、かなり神経質にフィードバックを取りましょう!

そうすれば、すぐに気功は上達します。

気功の素質のほとんどは丁寧な観察力、そして科学的な知見に基づいた仮説と検証の能力です(その上に、伝統的な呪術の考え方も乗っかってきます)。

すなわち、素質と思われたものは、すべて因数分解できて、そして個別に鍛えられるのです。

そして鍛える上で重要なの加速装置が、、、、言わずもがなですが、ゴールです。

良いゴールがすべてを加速させてくれます。良い方向に。

 

 

話を加速させますが、、、

 

ペットボトル気功で使った気功は何度も使いまわしてOKです。

一度の施術に一回しか使わない人がいますが、そこはエコロジカルに使いまわしてください。潰れたペットボトルも息(プシュケー)を吹き込めば復活します(泥から創られたアダムのように)。



で、これを数ヶ月も楽しむと、だんだんペットボトルから離れても良いことが分かります。

 

むしろ手の感触や音、そして壊そうとする気合が大事なことに気付きます。

また解剖学的知識の重要性も!

たとえば、猛烈に力のある気功師であっても、首の取り方を間違えると、効果は半減します。

僕らが抱く先入観と違って、首はずいぶんと長いものです(手も脚も同様ですね〜)

それをきちんと解剖学に基づいて、理解していれば、効果は倍増します。

 

話を戻すと、ペットボトルから離れられます。

 

ペットボトルが手元に無くて、ペットボトルをやりたいなーと思ったときに、

 

 

あたかも、手の中にペットボトルがあるかのように、ペットボトル気功をやってみると、、、



結果が強烈に出ます!

 

そうすれば、もうペットボトルという補助輪は不要になるのです。

もう自転車を乗り回しましょう!

 

そして、ペットボトル気功ばかりを夢中でやっていると、、、気功における最重要な概念の1つである「臨場感」が良く分かるのです。

 

きちんと首に触れて、首を取り出すこと、それをペットボトルに託して、ペットボトルをきちんと破壊すること(見えないペットボトルを)。

 

その一つ一つを本当に丁寧に、そしてきちんと一つ一つ感じてやれば、そして本気で壊せば、しっかりと結果が出ます。

 

逆にふわっとやれば、悪い意味でふわっとした結果しか出ません。

 

というか、一つ一つを丁寧にやればやるほど結果に結びつくので、相当に楽しいものです。

 


基本伝授 35,000円
2021年のみの特別料金
  基本伝授を受けた方は ペットボトル気功 35,00円を無料に致します。


気功のページに戻る