6月16日(AM9:30〜)テレ朝(10チャンネル)出演記念         
                         
  
                       食べて
              ビタミン:  A・B(6)・C・E・P 
  : ヨウ素ミネラル: カルシウム・鉄・マグネシウム・リン・カリウム

           ミカン科に属する比較的新しい果物ですが、オレンジ、レモンについで世界で三番目に多く栽培している柑橘類です。

       薬用   胃に対して、健胃・鎮痙・消化作用があります。腎臓・肝臓に対して強壮作用があります                      
               ビタミンCが豊富なので免疫系を強化し、感染への抵抗力を高めます。
               天然の血液浄化剤として働くので皮膚に良く、傷の治癒を助けます  
               ビタミンBと臭素を含むため、神経系を落ち着かせる働きをします    
               ヨウ素が甲状腺を刺激し、代謝を高めます                
               肺を強くし、体の解毒する力を強くします                   
                (その為、グレープフルーツを基本にした食事療法がいろいろ工夫されています)

               食欲を増進し、胃液や胆汁分泌をを活発にします
               朝に食べると利尿と血液浄化に役立ち、炭水化物(ご飯・パン・ウドン等)の燃焼を促進します

            注意    カルシウム拮抗薬 (血圧を下げる薬等に入っています)と「グレープフルーツジュース」 といっしょに服用すると 
                    降圧作用が増強されて、低血圧を起こしやすいことも有るので、グレープフルーツジュースを同時にとるのは避けて下さい


                
                              
                                    香って
      香りが脳に働き
        中枢神経のバランスを取り幸せ感を与えてくれますのでストレスに最適です。
        代謝を高める働きがあるため(カロリー消費)脂肪の燃焼にも役立ちます
        食欲のバランスをとるので過食症・拒食症に、力強い味方になります
        新陳代謝の促進、消化促進に作用します。

                           
      

                                精油を体に入れて
     
  (マッサージ・お風呂で)
      食べて・香っての両方の働きを得る事が出来ます
      精油が肌から吸収して血液に入り身体中をめぐり、必要なところで働きますので
      「食べて・香って」より増して沢山の働きを得る事が出来ます。
      使用方法を確認してお楽しみください。  アロマテラピー楽しみ方のページ